カテゴリ:芸術( 11 )

美女と野獣

sax

大分吹けるようになってきたぞ。

サイレンサーを購入したので、今まで以上に練習してやる!
by queen4jp | 2010-10-26 23:06 | 芸術

サックスはじめた

趣味は何ですか??と聞かれて、

「サッカーです。あとは将棋かなぁ」

という感じで答えていたが、なんとなくつまらないなぁと思っていた。

久しぶりに楽譜読んだよ。

先生に、「これって『ラ』ですか??」

とか、とんでもない質問をしながら音だしから練習。
by queen4jp | 2010-05-01 21:54 | 芸術

You Raise Me Up

こんな本格的な雨は久しぶりのような気がする。だが、なんとなく春が近づいてくる感覚はある。

最近、iTunes Music Store で買い物をするようになった。iPod専用スピーカーを購入し、充実してきた。その矢先に買った1曲。Celtic WomanでYou Raise Me Up。荒川静香が金メダリストとしてエキシビジョンに登場した際、流れた曲。ちょっと癒された。
b0022361_20374276.jpg

by queen4jp | 2006-03-01 20:32 | 芸術

CYCLE MODE

自転車マニアにはたまらないイベントへ行ってきた。場所は幕張メッセ。サイクルモード2005

「ぉおおぉぉぉおおおお~!☆」

なんて数だ。そして試乗しまくり。たまらない。イベントコンパニオンなど見ている場合ではなかった。
b0022361_2325960.jpg
b0022361_233972.jpg
b0022361_2332214.jpg
b0022361_233321.jpg
b0022361_2334892.jpg
b0022361_2335998.jpg
b0022361_234885.jpg
この最後に載せた写真の自転車がひときわ僕の目を引いた。それと黄色い自転車は噂の2WDだ。

現在ニャンが僕の膝で寝始めて2時間。足が痺れて全く感覚がない。
by queen4jp | 2005-11-13 23:05 | 芸術

線香花火

僕は花火の街に生まれたから、花火に対して人並み以上の想いがある。小学生ぐらいのとき、花火が打ち上げられているときは、花火も見ないで友達と遊ぶことだけに専念した。人口4万人ぐらいの小さな街に60万人もの人が押し寄せる。そんなことも関係なく、僕らは花火を見ることも無く遊びふけた。だって、小さい頃から毎年見てるから飽き飽きなんだ。しかし、高校生ぐらいになってきて初めて花火ってすごいな~って思い始めた。前の年に見られなかった技術が使われていることに気がついたり、花火というものにバランスを感じたりした。花火は勢いだけではない。花火師の技術と魂が込められているのだ。

これはただの線香花火。ただの線香花火ではあるが、僕は好きだ。
b0022361_23153391.jpg
b0022361_23154856.jpg
b0022361_2316447.jpg
b0022361_23161782.jpg
b0022361_23163675.jpg
明日、実家に帰る。例によって青春18切符を使用する。
by queen4jp | 2005-07-25 23:28 | 芸術

ゴッホ

竹橋駅からすぐの東京国立近代美術館に行ってきた。日曜なので人がたくさんいた。初めて平日ではない日に行ったので比べられないが、そのテーマがファン・ゴッホであることも混雑の原因となっていたのかもしれない。

あろうことか、こんな重大な日にコンタクトを破損させてしまい、裸眼で入場。あるときは顔をゴッホの絵の10㎝くらいまで近づけて見ていたので、マニアかちょっと変な人だと思われたかもしれない。

1つ、強く引き込まれた絵があった。

『夜のカフェテラス』

なんと夜の絵なのに黒を使っていないらしい。僕にはそれが何を意味するのかは計り知れないが、その事実に興味が湧いた。

そういえば、美術史の先生がこんなことを言っていた。

「美術の歴史に、カメラというものが現れた。写実性という点では、絵は写真に勝ることはできない。だが、自分の目に入ってきたものをどう見て、どう感じたかを絵に描くのだ。」
by queen4jp | 2005-04-03 18:29 | 芸術

Layla

人妻に恋をしたわけでもない。世界がまるごとひっくりかえってしまったわけでもない。

ただ、ただこの曲を聴きたくなるときがあるんだ。

Layla
Eric Clapton
デレク・アンド・ドミノス / ユニバーサルインターナショナル
スコア選択: ★★★★★
by queen4jp | 2005-02-23 19:18 | 芸術

ARCHILAB

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53F)に行ってきた。アーキラボ。テーマは以下の通り。

1950年代から最新までの、建築の旅。より豊かな都市と建築、そして人間の生活のあり方を探る。

「雰囲気」と「状況」を重要視し、「建築の可動性(移動・接合・再構成)」を追求したものが多かった。理想郷(ユートピア)を作り出していた。その中でも基本概念として、皆、自由を求めていた。そうした無数の作品たちは、新しい発想と可能性を僕に気づかせてくれた。しかし、歯の奥に何かつまったようなものを感じた。自由を求めるあまり、自由でなければならないという束縛を彼らはされているのではないかという疑問が湧いた。そんなことを思いつつも「専門外だな」とあきらめた。

美術館を出た後すぐに展望台に行った。やっぱり東京の空は汚いな~。
b0022361_20393454.jpg
b0022361_20394777.jpg

by queen4jp | 2005-01-25 20:40 | 芸術

金と緑

レポートを書いているのだが・・・・。

ふたつの色彩、金と緑の日常生活におけるはたらきについて、自身の体験をひきながら存分に論じてください。

存分に論じたいのは山々なのだが。金と緑の組み合わせなんて、日常生活において頻繁にはないのではないか?別々に論じても面白いことが書けそうにない。クリスマスツリーぐらいか、発想に乏しい頭から出てくるのは・・・・。
by queen4jp | 2005-01-24 22:25 | 芸術

浮世絵の開祖

岩佐又兵衛 -「浮世絵の開祖」ともいわれていた伝説的画人

江戸時代初期の優れた風俗画はみなこの人の作と名づけられ、彼の実像を求めて大論争が巻き起こっていた。これが伝説的画人と呼ばれる所以である。
b0022361_1893458.jpg

以上のことが昨日行った千葉市美術館 のパンフレットに書かれていたことである。

僕の芸術作品を見る目は初心者中の初心者であるので多くのことを語りたくはないが、ひとつだけ。この間、上野で見たフィレンツェよりも心が動かされた。なぜそうなったのは自分でもわからない。彼の作品で多く見られる強靭な線がそうさせるのか?自分が日本人であるから故の共感によるものなのか?謎は謎のまま・・・、岩佐又兵衛の実像のように。
by queen4jp | 2004-11-19 18:19 | 芸術

通りすがりのニャン


by queen4jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30