<   2004年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

日曜日にジェフユナイテッド市原 vs ジュビロ磐田の試合を市原臨海競技場で見た。試合開始直後は試合展開が上手なジュビロの方が押しているかなと感じたが、ジュビロのFWグラウのPKのの得点の直後、ロングスローから佐藤勇人が身をかがめてのボレーシュートで同点!ここから、ジェフの特徴が出てきた。若くてスピード感あふれるプレー。個人技や試合運びの上手さはジュビロにあるものの、前線からの激しいプレスでボールを持たせない。後半に早いリスタートから要田勇一が逆転ゴールを決めた!このとき前の席に座っていたおばあちゃんがどこに行ったのか気になっていて見逃してしまった。つい10秒前には自陣ゴール前からのフリーキックだったのに。ジェフ、恐るべし!

b0022361_311516.jpg
元W杯フランス大会日本代表の名波浩が面白かった!まずはこのシーン。ジュビロのフリーキック。キッカーはもちろん名波。左足からの華麗なキックを期待した。
b0022361_3143591.jpg
しかし、結果は壁のDFに跳ね返されることに。さらにグラウからの落としをもらってセンタリング!が、またもや同じDFに当たって跳ね返された。そのボールを追いかけるシーン。ここで名波はこのDFを腕で弾き飛ばした。もちろん反則。イエローカード。とても悔しかったのだろう。クロスを2度も防がれるなんて。彼も必死。DFも必死。今回はDFを褒めよう。
by queen4jp | 2004-11-30 03:18 | サッカー
毎日新聞(2004年11月28日 23時31分)より

栃木県知事選:
前宇都宮市長の福田富一氏が初当選果たす
 栃木県知事選は28日投開票され、自民と公明が推薦した前宇都宮市長の福田富一氏(51)が、民主と社民の支援を受けて再選を目指した現職の福田昭夫氏(56)と共産公認の同党県委員長、塚原勝氏(64)の2人を破り、初当選を果たした。投票率は47.65%。

 昭夫氏は00年の前回知事選で、6党相乗り推薦の現職候補を破り、長野県の田中康夫知事に続く無党派知事の誕生として注目を浴びた。しかし、今回は民主の支援などもあって無党派色が弱まり、知事奪回を至上命題とする自民の徹底した組織力の前に屈した。


栃木県民がこれで納得するなら全然構わないのだが。僕の感想は次の通り。

今回の選挙はほとんど新人の福田富一氏と現職の福田昭夫氏との一騎打ち。2人とも無党派として出馬したが、前者は自民・公明の、後者は民主・社民の支援を受けた形となった。NHKのニュースによれば、自民・公明の支持者はそれらが支援する候補者へ。民主・社民の支持者も同じ。結局は政党の対決の色が出たというのが実情ではないだろうか。無党派層はこの結果をどう受け止めたことだろう。無党派として出馬するのなら、政党の支援を断るのが筋ではないだろうか。投票者が候補者のマニフェストを理解して納得した形で投票できたのか?あるいは政党のイメージだけで投票してしまったのか?甚だ疑問である。
by queen4jp | 2004-11-28 23:58 | 時事

大猿に・・・

大猿になるかと思った!とても輪郭がくっきりした綺麗なお月様。
b0022361_3225582.jpg
来週のテストのために勉強中だったのだが、小腹が空いて99ショップへ。妙に明るいと思って、見上げると綺麗な満月。オリオン座も輝いていた。時計を見ると、AM2:00。ここで1曲。

天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ 雨は降らないらしい

二分後に君が来た 大げさな荷物しょって来た
始めようか天体観測 ほうき星を探して

深い闇に飲まれないように 精一杯だった
君の震える手を 握ろうとした あの日は

見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ
明日が僕らを呼んだって返事もろくにしなかった
「イマ」というほうき星 君と二人追いかけていた

気が付けばいつだって ひたすら何か探している
幸せの定義とか 哀しみの置き場とか

生まれたら 死ぬまで ずっと探してる
さぁ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して

今まで見つけたモノは全部 覚えている
君の震える手を 握れなかった 痛みも

知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ
暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ
そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている
「イマ」というほうき星 今も一人追いかけている

背が伸びるにつれて 伝えたいことも増えてった
宛名のない手紙も 崩れるほど 重なった

僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ
ただひとつ 今も思い出すよ

予報外れの雨に打たれて 泣き出しそうな
君の震える手を 握れなかった あの日を

見えてるモノを見落として 望遠鏡をまた担いで
静寂と暗闇の 帰り道を駆け抜けた
そうして知った痛みが 未だに僕を支えている
「イマ」というほうき星 今も一人追いかけている

もう一度君に会おうとして 望遠鏡をまた担いで
前と同じ午前二時 フミキリまで駆けてくよ
始めようか天体観測 二分後に君が来なくとも
「イマ」というほうき星 君と二人追いかけている

by queen4jp | 2004-11-28 03:50 | 日常
b0022361_17174754.jpg
見事なソリ具合。
by queen4jp | 2004-11-27 17:20 | 動物(主に猫)

野球というもの

大学から始めた野球。それまでひたすらサッカーだったので、違和感を感じる。バッテリーはともかく、外野などは1試合に1球も来ないこともあるのだ。これが精神的につらい。気を入れたり入れなかったり。自分の打席以外は声を出すことくらい。3年目なのに毎試合こんなことを感じている。まだまだということか・・・。
by queen4jp | 2004-11-27 16:21 | 野球
明日は試合なので、サークルの仲間と共にバッティングセンターへ。普段は小中学生や仕事帰りのお父さんが打っているのだが・・・・。今日は面白い客層。

その1:女子高生。左打席。もともと左利きなのか、知らないで左にたったかどうかはわからない。携帯電話は右手で使ってた。

その2:中年女性。子連れだが、自分だけ打ってた。

その3:自分。ベースを踏んで立っていた。インコースを攻められてきりきりまい。
by queen4jp | 2004-11-26 20:57 | 野球

戦慄

奈良新聞より

有山楓ちゃんの父茂樹さんと母江利さんは21日、県警を通じてメッセージを発表した。「報道機関を通じて皆さま方にお伝えください」と、現在の心情を県警に託した。

「近所の皆様他、多くの方々に多大なる御迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。 今回、犯人のこのような残酷な事件により、私達両親は大きな精神的ダメージを受けました。又、悲しみ以上に未だに犯人が平然と暮らしていることに強い憤りを感じております。 皆様のご協力のなか、警察の懸命な捜査が行われておりますので、一刻も早い犯人逮捕がされることを祈っております。 又、娘の犠牲が無駄になることなく、このような事件が今後おきる事のないよう心より願っております。 私達の心情を察して頂き、過剰な取材等は差し控えていただきたいと思っております。」

1997年に起きた神戸の連続児童殺傷事件で当時14歳の少年に2男の淳君を殺害された土師守さんが24日、「弱い子供を標的にしたこのような犯罪は絶対に許すことができない」などとする手記を弁護士を通じ共同通信に寄せた。 手記で土師さんは「またこのような残酷な事件が起きたことに戦慄を覚えた。女の子が私たちの二男と重なり、悲しみとともに怒りがあふれて仕方がありません」と心情を吐露。


この事件は迷宮入りは許されない。警察には地獄の底まで追うつもりで捜査していただきたい。そうでないとあまりにも酷すぎる。
by queen4jp | 2004-11-26 00:30 | 時事
b0022361_1317429.jpg
だぁ~!
by queen4jp | 2004-11-25 13:20 | 動物(主に猫)

フラストレーション

中学からとサイドバックを続けてきた。サークルでは3-5-2システムを採るので、サイドハーフが本来得意なところであるが、バックをやりたい人が全然いないのでストッパー。ストッパーはなかなかオーバーラップの機会に恵まれず、フラストレーションが溜まる一方だ。来年はサークルにディフェンスがたくさん入ってくれることを祈る。
by queen4jp | 2004-11-24 22:25 | サッカー

親子

あれから何年経っただろうか?祖母の家にいた犬の親子、チビとクッキーがいなくなってから。

チビはとても賢い犬であった。滅多に吠えないし、大抵の人や犬は相手にしない。チビはたくさんの子供を生んだが、皆もらわれていった。その中で1匹だけ残ったのがクッキー。何故残ったのか?頭が悪かったから。他の子供たちにはじかれて、1匹だけ餌を食べることもできなかった。

散歩に出たとき、いつもチビは前だけを見て先へ進んだ。クッキーはその後に続いた。その隊列は変わることはない。並ぶことはあってもクッキーが前に出ることはなかった。気づかず前に出てしまっても、不安な目でチビを待っていた。

ある日、チビがいなくなった。生まれたときからずうっとチビと一緒だったクッキー。毎晩鳴いた。その鳴き声はチビを呼んでいるようであった。クッキーをチビの墓場の近くまで連れて行ったことがあるらしい。その場所は滅多に訪れない場所。クッキーは1匹走り出した。追いかけると、なんと墓場の前で座っていたのである。

クッキーはその後、1年待たずして母親を追って逝ってしまった。
by queen4jp | 2004-11-23 20:50 | 動物(主に猫)

通りすがりのニャン


by queen4jp