<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

インタビュー

彼は工学部の4年生である。何故彼がそういう卒業研究をしようとしているのかは知る由もないが、依頼を引き受けることにした。その依頼とは、我が大学についての評価、大学生活においてがんばったこと、そして、大学とは・・・・?という問いであった。その最後の質問に対して、少し考え込んでしまったが、こう言った。

「大学とは情報をインプットするだけに留まらず、アウトプットするところでしょう。それが義務でもあります。」

なんとなくそれらしいことを言ってしまったが、思い返してみてやっぱりそうだろうなと思った。

お気に入りも載せるらしいので、僕は筆箱を持っていった。サッカーシューズや自転車が頭に浮かんだが、それではありきたりかなと思った。
b0022361_2391375.jpg
b0022361_2392277.jpg
小学校のとき、コカ・コーラの工場見学をしたときにもらったものだ。それ以来、ずっと使用している。
by queen4jp | 2005-11-30 23:10 | 日常

紅葉

去年は養老渓谷にて楽しんだが、わざわざ遠くまで出向くことなく、身近に存在するものである。
b0022361_15514686.jpg
b0022361_15515495.jpg
昨日の研究室の帰りに撮影したもの。眠気が覚めた。
by queen4jp | 2005-11-27 15:52 | 日常

あってはならないこと

重慶でも工場爆発、ベンゼン流出か 中国紙報道

 25日付の中国紙、第一財経日報によると、中国重慶市●江県で24日、化学工場が爆発、1人が死亡、3人が負傷した。近くの学校の生徒を含む約1万人が避難した。ベンゼンが流出したとみられ、地元当局が事故現場近くの河川の監視などを強化している。

 中国では13日に吉林省吉林市の化学工場が爆発、大量のベンゼンが松花江に流れ込み、下流のハルビンが水道供給を停止した。(共同)
●=執の下に土
(11/25 14:08)


おいおい。ちょっと待ってくれ。大量のベンゼンって・・・・。かつて重油が海に流されたことがあったが、それと今回の事故はどちらが一大事であろうか・・・・?粘性がない分、重油よりやっかいなのでは・・・・?なぜなら、とめどなく流れる川に流出されることで、あっという間に汚染が拡大してしまうからだ。ベンゼンは研究室で使ったことがあるが、1滴だって下水に流してはならない代物だ。

危険物を取り扱う場合に最も重要なのは危険防止策の徹底であるが、実際に事故が起きた場合にはその対策を全力を尽くして行う他無い。事故の原因を突き止めるのはその後でよい。とにかく、緊急性の高い対応が求められる。
by queen4jp | 2005-11-26 23:14 | 化学

勤労感謝の日

勤労感謝の日だというのに実験してしまった。ただの祝日だとしか認識していなかった。
だけど昨日はI君の誕生日だったので実験を早く切り上げたので、埋め合わせをしたかったのだ。
by queen4jp | 2005-11-23 22:20 | 日常
僕の愛読書(まだ全部読んでいないが・・・・)に「有機金属化学―基礎と応用」という本がある。はっきり言って大学院生向き。将来化学でご飯を食べたい人以外は全く読む必要がない。だが、必要性はないと言っても、詳細&丁寧な解説があるのでなかなか読み易く、読んで欲しい本の1つである。

その中で興味深いお話があった。

H.C.Brown教授は1955年に、インドから来た留学生R.C.Subba Raoに命じて、塩化アルミニウム存在下にNaBH4による有機化合物の還元反応を行わせていた。エーテル中での実験により、アルデヒドやケトンは1モルあたり1等量のヒドリドを消費し、アルコールに還元されることがわかった。酢酸エチルやステアリン酸では2等量のヒドリドを消費し、アルコールまで還元されることがわかった。ところが、試みたエステルの中で1つだけ例外があった。オレイン酸エチルは2等量ではなく、2.4等量のヒドリドを消費したのである。Subba Raoの報告を受けたBrown教授は、実験のやり直しを求めた。Subba Raoは用いたオレイン酸が不純だったのだろうと考え、オレイン酸エステルをエステルのリストから除きましょうと述べたが、Brown教授は聞かずに、断固として実験の繰り返しを求めた。

「研究指導者は、指導者としての高い観点から強要することができる。実際の実験は全くやる必要はない!」

かくして、気の毒にもSubba Raoはまた実験にとりかかり、そして血のにじむ努力の後、エーテル系の溶媒を使った場合にはボランとオレフィンの反応が非常にはやく進むことを見出すのである。1956年のことであった。


「血のにじむ・・・・」というのは全く大げさではない。さらにRaoが実際に実験したとしても、名前が世の中に知れるのはH.C.Brownの方である。これではあまりにも気の毒だと思うかもしれないが、これは致し方ないことである。H.C.BrownあってのRaoなのだから。
by queen4jp | 2005-11-21 22:12 | 化学

交通事故

助教授に例の書類の確認をお願いしたところ、「うん、完璧。治すとこない♪」と言われたので引き続き教授に持っていった。翌日に返ってきて、赤ペンだらけになっていた。流石!と言ってしまうぐらい細かいところまで修正されていた。やっぱり自分の研究のプレゼンなんだからもっとアピールしないといけないと思った。ちょっとした表現でこんなにも違うんだなぁ。

今日は車に轢かれた。自慢の自転車でサッカー場を目指していたところだった。小道から車が飛び出してきて衝突。道路に投げ出された。そのとき、他の車が来ていたらと思うとぞっとする。本日をもって人生に終止符が打たれていたかもしれない。ちなみに僕と自転車は無事だった。
by queen4jp | 2005-11-19 23:37 | 日常

ベンチャー

若い研究者のベンチャー(起業)精神を養うために我が大学でイベントがある。それにはまず第一関門として書類審査があり、第2関門として10分ほどのプレゼンテーションと質疑応答があるという。これによって優秀と認められた研究には賞と助成金が25万円が渡されるという。基本的に大学院生が対象であるが、大学院への進学が決まった大学4年生も参加可能ということなので思い切って出てみることにした。

まず書類審査を通過せねば話にならないので書類作り。とはいえ、まだ研究が不十分な4年生であるということによるデータ不足と、プレゼン能力の無さとご対面。実験のペースをダウンさせたのにもかかわらず、深夜まで及んでしまったが、なんとか終わらせた。明日先生にボコボコにしてもらうことにしよう。

「ベンチャーへの可能性?!ベンチャーってなんだ??!」

おやすみなさい。
by queen4jp | 2005-11-17 01:48 | 日常

CYCLE MODE

自転車マニアにはたまらないイベントへ行ってきた。場所は幕張メッセ。サイクルモード2005

「ぉおおぉぉぉおおおお~!☆」

なんて数だ。そして試乗しまくり。たまらない。イベントコンパニオンなど見ている場合ではなかった。
b0022361_2325960.jpg
b0022361_233972.jpg
b0022361_2332214.jpg
b0022361_233321.jpg
b0022361_2334892.jpg
b0022361_2335998.jpg
b0022361_234885.jpg
この最後に載せた写真の自転車がひときわ僕の目を引いた。それと黄色い自転車は噂の2WDだ。

現在ニャンが僕の膝で寝始めて2時間。足が痺れて全く感覚がない。
by queen4jp | 2005-11-13 23:05 | 芸術
午前中はここ最近やった実験の報告会であった。昨日書いたとおり浮き沈みの激しい毎日ではあるが、大局的に見ると良い方向には向かっているようだ。この辺で区切りをつけ、新たにもう一報論文にまとめる時期が来ているのかもしれない。
b0022361_17195288.jpg
午後も軽く実験しようと思い、反応をかける準備をしていたところ、試薬の瓶にヒビが入っており、僕が必死になってつくった試薬がすべて漏れて無くなっていた。しかし、気分がいい僕にはどうでもよいことであった。なんて気分屋なんだ。

そんな気分のいいところに現れたのは通りすがりのニャン。久しぶりの僕の部屋への訪問である。
b0022361_17204481.jpg
カメラマンを威嚇か・・・・?!
b0022361_17205575.jpg
と思ったら、あくび。これはその直後の表情。
b0022361_1721538.jpg
カメラの赤外線が当たってしまった。ごめんね。
b0022361_17211651.jpg
おお、僕の報告書を・・・・!
b0022361_17212714.jpg
なんでしょう、この表情は。
b0022361_17213687.jpg
結構重いです、この子。
by queen4jp | 2005-11-12 17:21 | 動物(主に猫)

一喜一憂

僕はいつもこうだ。

毎日出てくる結果に対して喜び、そして悲しむ。今日はやる気が緩み、先生が学会でいないのをよいことに、先輩とバトミントン~将棋~酒~カラオケのフルコースをしてしまった。楽しかったが、これでよいのかという気持ちも生まれた。皆は僕が実験を頑張っていると言うが、意外とそうでもない。でも疲れた僕にはとてもよい気休めになったかもしれない。

一喜一憂してばかりだと毎日疲れる。先生みたいに冷静に物事を見ればそんなこともないのだろうが・・・・。まだまだ修行が必要だ。
by queen4jp | 2005-11-11 00:24 | 人生

通りすがりのニャン


by queen4jp
カレンダー