<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

買出し

明後日の研究室のバーベキューのために買出しに行ってきた。

業務用スーパーに乗り込み、牛やら豚やら鳥やら・・・・計15キロ!!

ちょっと買いすぎ??!でも去年はぎりぎりだったから・・・・。総勢50人近くの食べる量など検討もつかない!!そして酒・・・・。

しかも当日は車を出すため、僕はお酒を飲めない。

肉を食べるしかなし。
by queen4jp | 2006-04-30 23:03 | 食事
買ってしまった・・・・。

最近研究テーマが予想以上に大きく拡大してきて僕の知識と体力をついていかない。畑違いだと思っていた知識が緊急に必要となり、急遽こんな本を買ってしまった。その辺に詳しそうな友達に薦められた本。細かい理論が省いてあるのでわかり易そうだ。材料をやっている人にお薦め。

固体表面キャラクタリゼーションの実際―ナノ材料に利用するスペクトロスコピー
田中 庸裕 山下 弘巳 / 講談社
スコア選択: ★★★
by queen4jp | 2006-04-27 23:35 |

カップラーメン24個

先週の土曜、やはりこの日も実験していたのだが、とある男が僕の前に現れた。彼は巨大なダンボールを担いでやってきた。

なんとカップラーメン2ダース!

そういえば彼の卒業発表用のプレゼンを僕が手伝った。彼はパワーポイントすらわからなかったから・・・・。そのお礼だそうだ。非常に嬉しい。

そうそう、彼は大学構内を歩いている途中、心優しい女の子に業者の人に勘違いされ、手伝おうかと言われたそうだ。
by queen4jp | 2006-04-24 23:16 | 食事

猛烈

「今週は実験週間だ!!」

という感じで、働きアリよりきっと動いている。

現在は2つのテーマを同時進行でやりながら論文データのとりまとめを行っている。動かずにはいられない!!

今年の秋からは就職活動が始まる。それまでに良い結果を出したい。
by queen4jp | 2006-04-20 23:59 | 日常

マザー牧場

「更新するから見てね~」とか言っておいて、1ヶ月近くも経とうとしている。

先月、学科の友達何人かとマザー牧場に行ってきた。実はあまり期待していなかったのだが、なかなか楽しいところだった。動物は皆好きだし、何よりバンジージャンプが気持ちよかった。夢のカレーも美味しかった。
b0022361_045282.jpg
b0022361_051688.jpg
b0022361_095378.jpg
b0022361_0101311.jpg
b0022361_063724.jpg

by queen4jp | 2006-04-19 23:06 |
おかげさまでほぼ完全回復いたしました。優しい気遣いをしてくれた親戚、友人、そしてたくさんのコメントをしてくれたブロガーの皆さん、本当にありがとうございました。人と人とのつながりを強く感じた日々でした。
by queen4jp | 2006-04-17 23:00 | 日常

千の風になって

私のお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を吹きわたっています

秋には光になって畑にふりそそぐ

冬はダイヤのようにきらめく雪になる

朝は鳥になってあなたを目覚めさせる

夜は星になってあなたを見守る

私のお墓の前で泣かないでください

そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって

あの大きな空を吹きわたっています

千の風に 千の風になって

あの大きな空を吹きわたっています

あの大きな空を吹きわたっています

原詩/作者不明
日本語詩
by queen4jp | 2006-04-16 13:53 | 日常
母さんの棺が実家に運び込まれたとき、大勢の人が迎えてくれ、そしてみんなで外側を覆っているごつごつした木の箱を取り除いた。母さんの姉にあたるおばさんの嗚咽が聞こえた。しかし、僕にはもう流す涙はなかった。

今年から中学校2年になる妹からはまるで悲しみは感じられなかった。母さんの死に際にいたので、僕らより先に悲しみ、そしてそれを乗り越えたのか。また、それを考えないようにして日々を過ごしているのかどちらかであろう。僕には後者のように思えた。

自分の近くで大切な人を失ったとき、下に挙げる症状は概して普通だという。

・寂しくなる
・やる気がおきない
・夜眠れない
・その衝撃的なシーンを何度も思い出し、夢にまで見る
・その死を防げなかった自分を責める

その他いろいろあるが、これらを止めてはならない。なぜなら、人は悲しい出来事が起こったとき、悲しみ、苦しまずにはいられないのである。それを忘れようと努力するのは逆効果で、その悲しみを長期に渡って引きずることになる。つまり、泣きたいときは泣けばいいのである。だから決して、「死んだ人が悲しむからお前はがんばらなきゃならないんだ」とか言ってはならないのである。

僕の場合はその現象を心得ているからいいものの、妹の場合はどうなるのか非常に心配である。
by queen4jp | 2006-04-13 23:04 | 人生

嘘であって欲しい

母さんの遺体は29日、仙台空港に着いた。貨物扱いであった。

親父と妹が荷物を持って現れた直後、空港スタッフに連れられ、運び込まれた箱を見た。その中には棺が入っていると言う。

「なんで箱に入ってんだよ、意味わかんないよ。」

秋田まで車で運んだ。母さんが死んでから6日後のことだった。
by queen4jp | 2006-04-11 23:29 | 人生

母さん死んじゃった

珍しく親父から電話が来た。よほどのことではない限り親父からは電話はかかってこない。それは3月24日19時半のことだった。そのとき親父は仕事で台湾にいた。5年間向こうに滞在して仕事をする予定だった。母と妹も一緒に行っていた。

「母さん、死んじゃった。」

親父の震えた声だった。

「はあ?!何を言っているのかよくわからないんだけど・・・・!今なんて??!」

それでも親父は前の台詞を繰り返すのみだった・・・・。

「なんで??!意味わかんないよ!」

わけがわからなかった。多分、親父も混乱していた。
by queen4jp | 2006-04-10 23:06 | 人生

通りすがりのニャン


by queen4jp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30