<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

親父からの電話

久しぶりの親父から電話が来た。

相変わらず話の通じない男であったが、とにかく元気そうで何より。

父の日に送った甚平を毎日着ていると言っていた。

台湾では35℃くらいは当たり前だそうだ。本当に僕はそこに3年もいたのだろうか?千葉の暑さにイチコロである。
by queen4jp | 2006-07-30 22:46 | 日常

殺虫日

研究室でコソシュウ(こそこそ就活すること)をしていたら、ゴキブリが連続的に2匹現れた。以前はクロロホルムで眠らせたが(環境団体に怒られるかな?)、手元に無かったので物理的攻撃により対象を沈黙させた後、廃棄した。

家に帰って「ゴルゴ13」2巻を読んでいたところ、今度は蚊が連続的に2匹現れた。これも物理的圧縮により対象を沈黙させた後、廃棄した。

夕食がまずかった。
b0022361_2316298.jpg

by queen4jp | 2006-07-29 23:16 | 日常
小学1年ぐらいだっただろうか。お気に入りの文房具を持っていた。赤・青・黒とシャープペンシルのセットになったもので、かっこよかった。僕はそれを一生使う気であった。

ある日、黒のインクが切れた。母親に、「もう使えないの?」と聞いた。「ずうっと使えるペンなんてないんだよ」と母親は答えた。そのとき、泣いたのを覚えている。

今はもうそのペンのありかはわからない。


今日は実験終了後、先輩たちとボーリングに行ってきた。楽しかった。ただ、先輩たちも今年で卒業なのでいなくなると思うと寂しい。
by queen4jp | 2006-07-28 23:50 | 人生
今日、免状が届いた。

表には氏名・生年月日・顔写真

裏にはカードの保存の仕方に関する注意が書かれている。

気になるのは、果たしてこのカードが自動車免許証のように身分証明書となり得るのか、ということだ。

次の写真の書き換えは10年後の平成28年7月24日までとなっている。

・・・・一気に33歳のおじさんになっている。

そう、果たして32歳の僕がこの免状で自分であることを証明できるのか?甚だ疑問である。
by queen4jp | 2006-07-26 00:27 | 日常

ゴールの神様

ごくたまに見えることがある。

僕はサッカーは上手くは無い。だけど、こういうときもあるよ。

昨日のフットサルだったのだけど、決勝戦の先制点になった。

「こうすると点が入る」という道がはっきりと見える。
by queen4jp | 2006-07-24 22:20 | サッカー
昨日は研究室の後輩の院入試激励の飲み会だった。なんだか異常な盛り上がりをみせ、久しぶりの2日酔い。。

午後は実験した後、漫画喫茶へ。久しぶりのダラダラ。

・・・・ダラダラ大好き!!

明日は早朝フットサル。6時に起きましょう。いや、起きろ。
by queen4jp | 2006-07-22 23:57 |

下北サンデーズ2

出たよ。

なんと我が学科の教授が登場。ほとんどの学生が真剣に教授の話を聞いている中で、上戸彩が目をつぶって瞑想?状態のシーンだ。つまらなくて目をつぶっているのか、化学という講義の中で演技のインスピレーションを高めているのかは知ったことではないが。

ま、僕の場合はストーリーよりも本当にうちの教授が登場するとは思っていなかったので驚きだ。その教授は熱い講義で有名だ。よく熱くなりすぎて教壇から落ちてしまう。
by queen4jp | 2006-07-20 00:47 | 日常
【ニューヨーク14日(日本時間15日)】ゴジラのフライング。左手首骨折で離脱中のヤンキース・松井秀喜外野手(32)がオールスター期間中、医師から許可が出ていないノックを受けたことが発覚。ブライアン・キャッシュマンGM(39)からストップをかけられていたことが分かった。[ 7月16日 8時2分 更新 ]

僕は高校生のとき、重要な大会前に肉離れを引き起こし、悩んだ。こういう怪我は、どの段階であるかが見極めにくく、特に治りかけのときは「治っているかもしれない」という錯覚を覚えるぐらいだ。焦る気持ちから「治った」と言い張って、練習に参加し、途中で悪化したことに気づいた。
by queen4jp | 2006-07-16 13:49 | サッカー

記憶に残る1発

今日はナイターのサッカーに参加してきた。

終始、納得のいかないプレーだった。暑いせいか、みんな縦パスに頼って大味な試合になっているところだった。

左サイドを駆け上がったFWが粘ってセンタリングを上げた。僕はサイドバックから上がって、ペナルティエリアに入ったばかりのところにいた。ノーマーク。そしてドンピシャで僕の前にボールが。

普段の僕ならそんな美味しいシチュエーション、体に力が入ってふかしていただろう。そのときは疲れていたし、なんとなくどうでもよくなっていたので適当に苦手の左足を振り抜いてやったら、綺麗にキーパーの頭の上を越えてゴールに入った。’ゴールにパスした’ようなシュートであった。

あんなプレイ、2度とできないだろう。
by queen4jp | 2006-07-15 22:42 | サッカー

ゼロ金利解除!

ある人は笑い、ある人は泣くでしょう。

どんな状況下でも強く生きましょう。

個人的には国債を買おうか迷っているところだ。変動10年なんかいいかも。
by queen4jp | 2006-07-14 23:37 | 時事

通りすがりのニャン


by queen4jp