<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Be cool !!

児童の屋外放射線基準値についての保護者説明会の動画を見たが、大変なものだった。
20mSv/yearという設定値について、文科省の役人に保護者団体が詰め寄っていた。

「20mSv/yearは大人と子供で同じ基準なのでは何故ですか?」

など、一般の方にはわかりにくい内容等の質問に対して、返答があったりした。
ただし、質問に答えるのは文科省の役人であって、放射線の専門家ではない。

Q. 「内部被ばくについては考慮しているんですか?!」
A. 「考慮しております。シュミレーションを行い、安全と判断している」
Q. 「誰がどんなシュミレーションをしたんですか?!」
A. 「詳細は存じ上げておりませんので、持ち帰って後ほど文面にて返答させていただきたい。」
Q. 「なんで答えられないんですか?!!(怒)そんなことで、基準値を決めていいんですか?!今すぐ撤回して下さい!子供で人体実験しているんですか?!あなたの善意に問いかけているんです!どうなんですか??!」
A. 「お答えできなくて申し訳ありません。私の一存では当然決められませんので、持ち帰って後ほど文面にて返答させていただきたい。」
Q. 「あなたは外で遊ばないですか?!家でずっと勉強してたんですか?!どこの大学出たんですか?!!私は高卒だけど、それぐらい答えられますよ!もっと勉強してきて下さいよ!!!」
A. 「・・・・。」

上記のような感じであった。

若い役人が会場全体のフラストレーションのはけ口となっていた。
気持ちは分からなくもないが、文科省の下っ端捕まえてこれはあまりに酷いなと感じた。

この内容はyoutubeで見たものだが、某TV局のもので、タイトルは、
「市民団体が安全基準の不透明さを突き止めた」
というものであり、大変な誤解を与えるものだった。
今回のシチュエーションでは、文科省の若い者が、安全基準について明確に答えられなかっただけであって、安全基準が不透明であることを示しているのではないと思う。

この基準値はかなりの安全域を担保した値だ。
保護者団体も役人に頼ってばかりいないで自ら情報を取りにいったらどうか?

以前にも掲載したが、以下のHPに根拠のある情報が、書かれている。
プライドをもった専門家たちが書いている。
出所がわからないような、情報に惑わされることなく、
情報を取得していただきたい。

IAEA

WHO

医学放射線学会

核医学会

福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方
by queen4jp | 2011-04-21 23:15 | 時事

無題

2011年4月10日
東京都知事選挙は、予想以上に石原慎太郎に票が集まった。
もっと僅差になるかなぁと思ったが。
あの人、まだまだやれると思ったので、僕も一票入れてきた。

2011年4月11日
秋田のおばさんの誕生日。
妹が5年もお世話になったので、
僕にとってどう恩返しをしたら全部返せるのかわからない。
昔あげたT-falのフライパンが真っ黒になっていたので、
今度はアルックスのフライパンをプレゼントした。

2011年4月15日
僕の誕生日。
新しい財布のプレゼントをもらった。
6年使ったボロボロの財布とおさらば。
今回も長く使ってみようと思う。
by queen4jp | 2011-04-17 19:20 | 日常

信頼できる情報源

IAEA

WHO

医学放射線学会

核医学会


最近の放射能漏れに関する情報源のリンクを表示した。

マスコミには発言に対する責任はほとんど無い。
とんでもないことを言っても相当ひどいことを言っても、
あとで、「ごめんなさい」で終わりだ。

それよりも、発言自体に責任を有する人たちの言葉を聞こう。
彼らはそう簡単に無責任なことは言わない。
彼らはプライドをもっている。
不適切なことばかり言っていると、その集団の存在意義自体が危ぶまれるからだ。

政府も今のところ、言葉を吟味して情報を発しているという印象がある。
(皆さんはどう思われるかわからないが)

出所、根拠のわからない情報に惑わされないでほしい。

「水を煮沸すると放射能が濃縮されて危険だ」
⇒根拠なし

「母乳は放射性ヨウ素が濃縮されるので、乳児には粉ミルクを与えた方がいい」
⇒ヨウ素は母親の甲状腺にトラップされるので、胎児にとって、母乳は寧ろ安心だ。母親が体を張って我が子を守っているのだ。

「胎児は危険だ。今妊娠している方は、おろした方がいい」
⇒100mGy以下では放射線影響はない。

b0022361_23422888.jpg

地震で先端が曲がった東京タワー。
by queen4jp | 2011-04-07 23:32 | 時事

通りすがりのニャン


by queen4jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30