ゴッホ

竹橋駅からすぐの東京国立近代美術館に行ってきた。日曜なので人がたくさんいた。初めて平日ではない日に行ったので比べられないが、そのテーマがファン・ゴッホであることも混雑の原因となっていたのかもしれない。

あろうことか、こんな重大な日にコンタクトを破損させてしまい、裸眼で入場。あるときは顔をゴッホの絵の10㎝くらいまで近づけて見ていたので、マニアかちょっと変な人だと思われたかもしれない。

1つ、強く引き込まれた絵があった。

『夜のカフェテラス』

なんと夜の絵なのに黒を使っていないらしい。僕にはそれが何を意味するのかは計り知れないが、その事実に興味が湧いた。

そういえば、美術史の先生がこんなことを言っていた。

「美術の歴史に、カメラというものが現れた。写実性という点では、絵は写真に勝ることはできない。だが、自分の目に入ってきたものをどう見て、どう感じたかを絵に描くのだ。」
Commented by 唐母 at 2005-04-03 21:36 x
ものぐさのせいで私はガレに行きそびれました。
NYからわざわざ来ていた作品だったのに。。。。。。
ゴッホは私も好きです。
墨をつかわない闇ですか。
写実性という事がアートが勝る場合もあるようです。
我爺さんは植物の精密画を書いていましたが写真では捉えることの出来ない細部は絵によって書くのが一番だって。専門家ではないので分かりませんが、書く事により記憶する役割もあるんですかね。
ちなみに写真も好きですよ。
Commented by yachotori at 2005-04-03 22:46
昔々、デジタル音楽が始まった頃、音楽の先生がアナログに勝る音はない、と言ってました。
私にはその差さえも分からないので、そんなものかと思っていただけでした。
今はMP3で何百曲もメモリーに詰め込んで聴けるんですよね。
音楽の先生は何と言うのかと考えていましたが、答えは出てきませんでした。
Commented by roserose13 at 2005-04-04 18:57
ゴッホ展
私も狙っています。
また仕事サボらないと駄目ですね。
困った、困った。

「光」どうですか
快適なネット環境に成ったでしょうか?
Commented by queen4jp at 2005-04-04 21:42
> 唐母 さん 
我爺さんのお話には興味が湧きますね。職人にしかできない技術って好きです。僕もそういう職人的な技術を磨きたいと思っています。
Commented by queen4jp at 2005-04-04 21:45
> roserose13 さん 
平日がオススメです。ゴッホの自画像を見るために、体をよじらせながら顔を近づけました。

「光」 多少早いかな・・・っていう程度です。ADSLでも十分だったんですが、うちのアパートでまとめて「光」にするというので乗ってみました。お値段はADSLと変わらないです☆
Commented by queen4jp at 2005-04-04 21:49
> yachotori さん 
すみません。順番間違えました。

チェスはもうコンピューターが人間のチャンピョンより強いですが、将棋はまだ人間の方が強いみたいです。いずれコンピューターが勝ってしまうと思うと、少し悲しいです。

by queen4jp | 2005-04-03 18:29 | 芸術 | Comments(6)

通りすがりのニャン


by queen4jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30